現在のページ : トップページ

慰謝料の利息

不貞の慰謝料を調停が成立してもらえるようになった場合、慰謝料を相手がもし滞納すると利息をとることができるのでしょうか?もしできる場合には、利息請求の調停をする必要があるのでしょうか? なお、利息のことは調停調書には記載していません。

いくら支払うと調停調書に書いていると、支払義務があるため強制執行ができます。
例外的に、支払義務のみを認可するような和解もあります。
支払期限をオーバーすると、年5%の損害遅延金がその期限の次の日から生じます。
一般的に遅延利息、利息と言いますが、正しい呼称は遅延損害金です。
利息をとるために手続きを何かする必要があるかどうかということについては、請求が任意なものであれば、電話でも口頭でも手紙でも問題ありません。

利息の金額を計算してから請求をしましょう。
強制執行で利息の金額を取立する場合には、手続きは相手の財産によって違ってきますが、利息も含めて請求債権目録の中に記載するといいでしょう。
例えば、毎月の慰謝料が1万円となっている場合に、2万円の慰謝料を2ヶ月目に振込んだような場合には、日割りで利息を計算したとしても数円でしょう。
そのため、手続きの方が面倒であるため様子を見る方がいいでしょう。

なお、ペナルティーを与えるようなことについては、遅延損害金自体がペナルティーで、刑事罰等を他に請求することはできません。
本サイトでは、利息の請求に応じるか、借用書に書いているか、利息を課すのが可能か、についてご紹介します。



■特別外部リンク
不貞の慰謝料を請求したい場合に手続きなどを行ってくれる法律事務所です・・・慰謝料請求 手続き